【歓迎】小泉進次郎さんが育休取得!【応援】

日記

小泉さん、滝川クリステルさん、おめでとうございます。

昨年ご結婚された小泉さんと滝川さんの間に、無事にお子様が誕生されたそうです。お二人にお祝いするとともに、お子様の健康をお祈りします。

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000013-asahi-pol
「立ち会えて良かった」小泉環境大臣に男児誕生(20/01/17)

去年、政界のプリンスにして次世代エースと、東京オリンピック招致にも活躍した才能と気品あふれるアナウンサーが結婚するとの一報を耳にしたときには、結婚それ自体にも驚きましたが、子供を出産予定ということにも二重にビックリでした。古いイメージのある政界でまさか「おめでた婚」とは…
でも、小泉さんの場合は逆にそのこと新鮮な印象に繋がったと思います。

小泉進次郎さんが育休取得を決意!

そして、かねてからウワサされていたように、小泉さんが2週間の育休取得を決意されたことも報じられました。

お探しのページが見つかりませんでした| 中日新聞Web
中日新聞の総合ニュースサイト。東海地方・中部地方のニュースと生活情報を中心に、様々な地域情報を提供します。
小泉環境相「育休」取得へ:時事ドットコム
 小泉進次郎環境相は15日、第1子誕生後に「育児休暇」を取得する考えを表明した。妻でフリーアナウンサーの滝川クリステルさんは近く出産する予定。
Error 404
楽天WOMANは、インフォシークが女性のために厳選した情報をお届けするサイトです。大人気の黒い犬をはじめとする充実した『占い』と、楽天市場のオトクなショッピング情報や楽天woman編集部がオススメするアイテムを紹介する『ショッピング』の2コンテンツをお届けします!

街の声、著名人の声、政治家の声、色々と賛否があるようです。

舛添氏、進次郎環境相の育休は中途半端「完全に休まないとインパクトはない」
 小泉進次郎環境相(38)は15日、省内で開いた会合で「育児休業」を取得する意向を表明した。短時間勤務やテレワークなどを組み合わせ、月内に予定されている第1子誕生後の3カ月間に合計2週間、育児のための時間を確保する。「どのように育休を取るかとても悩んだ」とも述べた。国会議員に育休規定はなく一般の育休とは異なるが、閣僚と...
乙武氏、小泉進次郎氏育休取得の批判に持論 - 芸能 : 日刊スポーツ
作家の乙武洋匡氏(43)が、育児休暇を取得する意向を示した小泉進次郎環境相に対して一部から批判の声があがっている状況を受け、自身の考えを述べた。乙武氏は17日… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
小泉環境相が育休取得、物議醸す 期間はたった2週間
小泉進次郎環境相は17日までに、第1子誕生に当たり育児休暇を取得する意向を明らかにした。日本では父親が育児休暇を取るのはまれ。

また、賛成の人の中でも、育休の取り方が不十分では無いかという意見があります(2週間という短さ、リモートワークで繋がっていて育児の手伝いがおろそかになるのでは…等々)。

僕は…大賛成です!

しかし、僕としては小泉さんの育休取得を大歓迎し、応援したいと思います!!

  • 理由1:小泉さんのような注目される人が育休を取ることで、他の人も取りやすくなる
  • 理由2:男性の育休取得が(賛成であれ反対であれ)議論されることで、いままで意識されてこなかった育休取得に伴う問題点が可視化される
  • 理由3:「大臣という立場を休むのは無責任ではないか?」という声があるけど、子供を産み育てること以上に大事なことが、今の日本にいくつあるのか? 
    そもそも、大臣に限らず「大事な仕事」は休んではいけないのか? 休んでも仕事が回るような仕組みを作ることから逃げているだけなのでは?

2週間という時間は確かに短いのですが、「育休とったぞー!」と言えるように、ギリギリ長く調整した結果なのではないでしょうか。これが例えば1週間だと、通常の夏休みと変わらず、世間への育休取得のアナウンス効果が低まり、逆に「あぁ、1週間程度で十分なんだ」という意識を生み出しかねません。

まとめ

小泉さんは日本の男性の中でも上位10人に入るほど注目度の高い人なので、自ずから風当たりも強くなるのでしょう。
だからこそ僕は、小なりと言えども小泉さんの育休取得に賛成の声を上げたいと思います。

正直言って2週間という期間は短か過ぎるのですが、それでも「ゼロ」を「1」にする勇気に感銘を受けたものとして、小泉さんを応援しています。ガンバレ進次郎! 滝川さんと一緒に、お子さんをしっかり守って元気に育てて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました