うさぎを健康診断に連れて行った件

日記
ロップイヤーうさぎはこんなの

うさぎは家族の一員です

ウチのうさぎはロップイヤー(垂れ耳)

ウチではうさぎ(2歳の女の子で、名前は『ウサ子』)を飼っています。いや、うさぎのお世話をさせて頂いています。
ウサ子の品種は「ロップイヤー」といいます。耳が垂れていることが外見上の特徴で、性格は次のように言われています。

性格は大まかに以下の3タイプに分類される。
1. 落ちつきのないタイプ(常に周囲に好奇心が向く冒険家)
2. 人間が大好きなタイプ(飼い主に抱っこしてもらいたい甘えん坊)
3. あまり動き回らないタイプ(いつもボーっとしているのんびりタイプ)

https://pets-kojima.com/library/zukan_small/detail/id=24995

うちのウサ子は明らかにタイプ「2」で、ペットショップから我が家にお迎えしたその日から自然に馴染み、あっという間に家族の一員、居るのが当たり前になってしまいました。

奥さんとうさぎ

ウサ子は、実は二代目うさぎで、先代のうさぎは奥さんが僕と結婚する前から飼っていた立ち耳の子でした。先代が(ずいぶん長生きしたのだけど)亡くなってから寂しい思いをしていたけど、ウサ子が来てから楽しく張り合いがある日々が続いています。

お世話は簡単ではなく、生き物と暮らす責任も伴いますが、ウサ子をお迎えしたことを後悔することは絶対に無いでしょう。
そこで一言、うさぎはいいぞ。

うさぎの健康診断

うさぎにまつわる誤解

うさぎは犬・猫ほどメジャーなペットではないため、飼い方についての誤解も数々あります(例えば、ドラマ「ひとつ屋根の下」に由来する「うさぎは寂しいと死んじゃう」とか。

そこで、この記事を読んだ人にコレだけは知って頂きたいのは、
うさぎは水を飲むよ!
ということです。

なぜか(特に年配の方には)うさぎは水を飲まないと誤解している人が多いのですが、そんなワケないですよね。うさぎは人間と同じく哺乳類で、体の7割くらいが水分なのですから。
おそらく、エサとして水分豊富な生野菜を与えられたうさぎが水を飲まなかったのを見て広まったのだろうけど、そんな誤解はこの場で消し去って、うさぎにちゃんと水を飲ませて揚げて下さい

健康診断は「うさドック」

話が逸れましたが、今日はうさぎの健康診断「うさドック」に行ってきました。
かかりつけの獣医さんはうさぎにも詳しくて、触診などの身体検査、レントゲン、血液検査、便と尿の検査などフルコース診てもらえます。今回は特に問題なし、至って健康とのこと。
良かった。ウサ子、赤ちゃんが来るまで一緒に頑張ろうね。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました