育児休業給付金・僕の場合

お金と制度

男性が育休を取るに当たっての最大のネックはやはりお金のこと。
専業主婦家庭や、男性の方が収入の多い共働き家庭の場合、夫が休むことによる収入減をどうするかが問題です。

そこで活用したいのが「育児休業給付金」。僕も並々ならぬ関心を持って記事にしてきました。

育児休業給付金についてまとめたこと

まずは入門編として、基本は一年間の育休中に、休業開始時賃金の67%(6か月経過後は50%)が支給されることを知りました。

そして、「受給資格」「支給要件」「支給額」「手続き」についてまとめました。

また、育児休業給付金に税金はかからないことを知ったり、

厚生労働省のサイトで色々なQ&Aを調べたりしました。

ぶっちゃけ、僕の場合はどうなの?

かように前提条件が出揃ったので、いよいよ当てはめです。

育休マン
育休マン

さあ、僕は給付金をもらえるのかな?

奥さん
奥さん

大問題だよ旦那ちゃん!

<条件>

・子供が生まれてから1年以内か?

育休マン
育休マン

産まれた直後から3ヶ月の間だからOKだよ!

・雇用保険に加入している?

育休マン
育休マン

これもOK! 今の職場に入ってからずっと加入してるからね。

・育休前の2年間に働いた月数 > 12ヶ月

育休マン
育休マン

この2年は途切れず働いているから、OKだね。

・育休期間中に、所定以上の賃金をもらわないこと
・育休期間中の就業日数が10日以下/月

奥さん
奥さん

育休中は全く働かない予定なんだよね? じゃあOKだね。

・上限額(67%期間中)は、304,314円

育休マン
育休マン

そんなに貰えるなら御の字だよ…

奥さん
奥さん

じゃあ、問題なく給付金ゲットだ。やったね!!

<必要書類>

課長
課長

会社の方で用意する必要がある書類は次のとおりだ。
総務の人と連携して、滞りなく進めるんだぞ。

  • 休業開始時賃金月額証明書
  • 育児休業給付受給資格確認票(ハローワークから交付)
  • (初回)育児休業給付金支給申請書(ハローワークから交付)
  • 賃金台帳または出勤簿
奥さん
奥さん

旦那ちゃんが準備するのは次の書類だね。
会社とやり取りする必要があるんだね。

  • 育児休業給付受給資格確認票(企業からもらって記入)
  • 育児休業給付金支給申請書(企業からもらって記入)
  • 母子手帳の写し
  • 給付金受け取り口座の通帳の写し

<手続きの流れ>

部長
部長

手続きの流れは以下の通りだ。
お前なら、できるはずだ。

(初回)

  1. 労働者が会社に育休取得を申し出
  2. 会社がハローワークに書類申請
  3. 労働者が必要書類を会社に提出
  4. ハローワークに提出

※時期:育休開始から4ヶ月を経過する日の属する月の末日まで

(2回目以降)

2ヶ月に1回、申請書を提出

というわけで、なんとか手続きを進められそうです。よし、行くぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました